トラブルにならない内定辞退の方法とは?

転職活動をしていると、どうしても1社だけ受けるということではうまくいかないことがあります。多くの人が、複数の会社に応募し転職活動をしていると思われます。しかし、複数の会社を応募しているとある問題とぶつかってしまいます。それは、内定辞退をしなければならないということです。どうしても、内定辞退を申し出なければいけない会社が出てくるのです。それでは、このような場合になった時はどのようにすれば良いのでしょうか。トラブルを起こさない方法を考えてみましょう。

トラブルを起こさずに内定辞退をするポイント

トラブルを起こさずに、内定辞退をする時にはあるポイントがあります。それは、相手先の企業のことを思いやるということです。そのことをしっかり頭に入れていれば、トラブルになることはありません。内定を出した後、企業はあなたを受け入れる体制を整えます。法律上、入社前の2週間前までに辞退をすれば違法ではありませんが、ギリギリすぎると、相手の会社に迷惑をかけてしまうのです。内定辞退をしなければならないと感じたタイミングで即座に断りの連絡を入れる必要があるのです。

断る際に、気をつけるべきこと

内定辞退が決まっても、どうやって断るべきかで悩む人もいるかもしれません。そんな時でも焦る必要はありません。1つだけ気をつけなければいけないことがあります。それは、断る時は、直接話すということに徹することです。マイナスなことを話さなければいけないので、どうしてもメールで一方的に送ってそれで終わりにしたいと感じるかもしれません。しかし、そうではなく、直接自分で会って断りの旨を伝える、もしくは電話で断るというアクションをした方が相手の印象も良いものになります。内定辞退をしても、企業側が難しい態度をとならないように気を使うことも大切なのです。また、内定を保留してもらいたい場合も、気をつけなければいけません。ストレートに他の企業の内定が出るまで待ってほしいと伝えてしまっては、印象が悪いので、柔らかく伝えることも大切です。内定辞退の報告は嫌な作業ではありますが、しっかりポイントを押さえてやっておかないとトラブルの元となる可能性があります。

まとめ

転職活動において、内定を辞退することは、決して悪いことではありません。内定を出してもらったのにも関わらず断ってしまうのは、申し訳ない。その気持ちは大切なことでしょう。しかし、行きたい会社の内定が出るまで、他の企業に内定をもらうことも大切です。そのため、内定辞退をすることに関して負い目を感じず、自分の納得するように行うことも大切だといいう気持ちで臨みましょう。