未経験だと転職は難しい?異業種へうまく転職する方法とは?

キャリアアップを目指して多くの人が転職活動する一方で、近年キャリアチェンジを目指して異業種へ転職する人も少なくありません。 しかし、即戦力が求められる転職において異業種へのチャレンジは現状難しく、多くのリスクを抱えてしまうでしょう。 今回はそんな異業種へ転職する際のリスクやうまく転職する方法をご紹介します。

異業種へ転職する人の特徴

これまでのキャリアを捨てて、異業種へ転職する人は大きく分けて以下の2種類に分けられます。 就職活動で失敗した人 転職する人の多くは就職活動に失敗した20代後半の若者です。 就職してから企業とのミスマッチに気付いたり、力不足で活躍できなかったり、仕事に対する意欲を失った人が、再スタートを狙って異業種へ転職しています。 ライフスタイルや価値観が変化した人

若い人だけではありません。なかには40代から50代で転職する人も居ます。 その理由としては、仕事に対する価値観やライフスタイルの変化が挙げられるでしょう。 これまでのスキルやノウハウを別の業界で活かしたいと考えたり、家庭環境やライフスタイルの変化に応じて仕事を変化させようという人が年齢の壁を超えて異業種へ挑戦しています。

異業種への転職は多くのリスクが

結論から言うと、これまでのキャリアを捨てて未経験の異業種へ挑戦するのは以下のようなリスクがあります。 これまでのスキルやノウハウが通用しない 経験のない業界で働くため、これまで身につけてきた能力や知識が全く通用しません。 異業種へ転職する場合はまた1から積み上げなければいけないリスクがあります。 また、経験がないため、将来を見据えにくいということもデメリットだと言えるでしょう。 待遇のランクダウンは避けられない 実績のない業界へ転職するため、給料などの待遇面はランクダウンするでしょう。 ここから待遇をアップさせるのは自分の頑張り次第です。

上手くキャリアチェンジする方法とは

未経験の業界で採用され、活躍していくには以下のポイントを実践してみましょう。

魅力的な売り込み方を練る 異業種から転職する場合、「企業に新しい風を吹かせられるか」が重要となってきます。 自分を深く分析し、自分の強みはもちろん、これまでの実勢やスキルを異業種でどう活かしていけるのか魅力的に売り込んでいけるかが成功のカギとなるでしょう。

徹底的な企業研究 異業種からの転職が難しいのは、企業がミスマッチを恐れるからです。 担当者が関心するほどの志望理由が言えないと採用は難しいでしょう。 また、売り込む切り口や自分の活躍できるフィールドを知るためには志望する業界や企業の内情を徹底的に知り尽くしておかなければいけません。 インターネットや説明会への出席だけでなく、企業や業界の内情に詳しい転職エージェントを活用して、徹底的にリサーチしておく必要があるでしょう。