転職活動は、必ず仕事がある状態でやった方がよいわけ

転職活動を行う際に、1つだけ気をつけなければならないことがあります。会社内での人間関係をスッキリさせてから退職する、あるいは、自分の仕事の引き継ぎをきちんと行った上で退職をするなど、やることはたくさんありますが、その中でも特に気をつけなければいけないことがあるのです。それは、会社を退職した後から転職活動を始めないということです。え?それが一番気をつけなければいけないの?と感じたかもしれません。しかし、これは転職活動を行う上、そしてあなたが生活をする上でもとても大切なことになってくるのです。

退職後の転職活動は、危険と隣り合わせ

なぜ、退職後の転職活動が、良くないのでしょうか。実は退職後の転職活動は危険と隣り合わせなのです。中には、退職金や失業手当でなんとかしようと考える人もいるかもしれません。しかし、その場合は、1ヶ月、2ヶ月が保証されているだけであって、その後は自分で何とかしていかなければいけない状況が生まれてきます。転職活動は何が起きるかわかりません。2ヶ月で良い会社を見つけられない可能性もあります。もし、その期間を過ぎると、自分の貯金を生活費に充てなければいけません。最初のうちは何とかなりますが、生活費をどのように補填しようかで考えてしまい、精神的に追い込まれる可能性があります。このような状態では、負のスパイラルを生むだけになってしまうのです。生活に困窮してしまっているため、その場しのぎの仕事を探す羽目になってしまう、妥協して転職活動を行い、結果、満足のいく転職活動が出来ない。など様々なマイナスな理由が考えられるのです。このような事態に陥らないためにもある程度の対策が必要なのです。

トラブルの対策方法

このような事態を回避させるためには、どのようなことが必要なのでしょうか。それは、在籍していても、転職活動ができるような体制を整えておくことが大切です。退職後から転職をするということではなく、在籍中に転職活動を完了させる。その気持ちが大切です。そのため、1年のうちに、転職する最適な時期、繁忙期の転職活動をする場合どのような動きが必要なのか。と事前に計画を立てておく必要があるのです。しっかり計画性を持って転職活動をすることが出来れば、トラブルが起きることもありません。それでも、万が一退職後転職活動をしなくてはいけない状況であれば、半年以上仕事をしなくても生活できるくらいの蓄えをしておきましょう。

まとめ

転職は、計画性を持って行わないと痛い目にあってしまいます。そのため、退職後に時間を最大限作ってやれば絶対に転職出来る。ということではなく、ある程度の想定を行ってから転職活動をすることが大切なのです。計画性を持って皆さんも転職活動に取り組んでくださいね。