転職活動は退職してから?甘く見てはいけない離職期間の落とし穴

転職する際に重要なのがタイミングです。転職する人の多くは今働いている職場の退職時期を迷ってしまうと思いますが、タイミングを誤り、離職期間が長引くと結果的にキャリアダウンしてしまうことも十分考えられます。今回はそんな転職する際に知っておきたい離職期間の落とし穴とその対策をご紹介します。

離職期間が長引くと採用で不利になる

退職してから次の転職先が決まるまでの離職期間は当然仕事をしていないので、その分企業からはブランクがあると判断されてしまいます。「転職先はじっくり考えたい」「せっかく時間ができたから資格やスキルを修得してから転職したい」といった理由で時間をかけて転職先を探す人は多いと思いますが、離職期間がだいたい3ヶ月を越えてくると、評価に影響が出てくるので注意しましょう。 転職において「長い離職期間」はいい印象を持たれません。特に最新技術を利用するIT系の転職先を考えている方はできるだけ準備してから退職し、短期集中で転職することをオススメします。

離職期間を最小限にするためには

ここまで述べてきたように離職期間は転職において不利な材料になりかねないので、転職活動は短期集中型で取り組むことをオススメします。離職期間を最小限に抑えるためには以下の3点に注意してみましょう。

ターゲットを絞る

「とりあえず受けてみよう」といろんな企業に挑戦することは危険です。まずは自分のやりたいことや実力を考えて、ターゲットを絞ってから企業とコンタクトを取りましょう。欲張る人はなかなか内定が取れず、転職活動が長期化するので要注意です。

スキルアップは退職前までに

「時間ができてから資格を取ろう」なんて考えている人はいつまで経っても取れません。スキルアップするなら退職前に済ませてしまいましょう。多くの企業はスキルアップ講座や資格試験の費用を負担してくれるので一石二鳥です。

転職エージェントを活用する

とはいえ、仕事と転職活動を両立させるのは簡単ではないと思います。そんな人は転職エージェントを利用してみましょう。 転職エージェントを利用することで、以下のサービスを無料で受けることができます。 ・プロの視点で客観的な人材評価が受けられる ・転職サイトには未公開の求人情報が利用できる ・企業への推薦や面接日時の調整、条件交渉など面倒な手続きを代行してくれる ・面接対策や書類の書き方、企業の内情など様々なアドバイスが受けられる。 転職エージェントに頼ることで、仕事と転職活動を両立できるはずです。