保険業界に対するイメージと、実際の違いとは

保険業界で働く女性と聞くと、どのようなイメージを持ちますか?セールスレディを想像してみましょう。会社の入り口に待って社員さんに挨拶をして、仕事の時間は、人のスケジュール次第。時間を合わせないといけないので、自分の時間を作れない。そして、ノルマが課せられて達成しないと、給料に影響が出る。そんなネガティブなイメージを持っている方が多いかもしれません。しかし、実際にはそうでないこともあります。また、転職後に保険会社で働くことで、よかったとそう感じている人も少なくありません。今回は、保険業界の実態を詳しくみていきましょう。

保険業界の実際のところ

保険業界は、どうしてもネガティブな印象を受けることが多い業界です。しかし、それは保険業界のすべてではないのです。では、実際のところは、どのようなところなのでしょうか。例えば、成果主義。これは間違っていません。会社によっては給料が歩合制になっているところもあります。しかし、歩合制になっていても、就職して1〜2年の間は、保証がついています。成果をあげていき慣れた頃には、歩合制でもきちんともらえることがあるので、気にすることはありません。また、ノルマについても課さない職場もあります。ノルマということではなく、目標として取り組んでもらうという会社もあるのです。この点だけ聞いてもピンとこないかもしれませんが、どの業界でも必ずノルマないし目標というものは課せられます。その上で考えれば同じなので、そこまで気にすることもありません。

良いところ

ネガティブなイメージが強い一方で良い部分はどこにあるのでしょうか。保険業界の一番の特徴は、仕事の付き合いが長くなるということです。売るものが、一生に関わるものなので、付き合いも長くなります。10年、20年付き合うこともあります。そのため、長く仕事のお付き合いをすることで、お客さんとの信頼関係が生まれるという点もあります。また、歩合制は不安定な面もありますが、やればやるほど自分に返ってくる特徴もあります。そのため、自分の意欲さえあれば、どんどん仕事を勝ち取ることができるなんてこともできるのです。

まとめ

保険業界は、ネガティブなワードが強くどうしても、良い印象を持っていない人がいます。しかし、そういった人に限って保険業界の実態を知らないことが多いのです。もし、転職を考えているのであれば、一度保険業界で働く人からメリット、デメリットを聞きそこからどうするかを検討しても良いでしょう。この作業をしっかり行う事で、良いか悪いかの見分けをつけることができるのです。