面接で、優秀な人が不採用。その原因は、一体何?

転職活動をする中で、実績がある程度あり、前の会社からも評価されている人がいます。今の仕事場での評価を考慮しても、次にやりたい仕事の会社でもきっと高評価を得ることができるだろう。そう期待して、面接へ。自信満々で面接に臨みます。しかし、蓋をあけてみたら何故か不採用になってしまう。こんなあり得ない現象が実際に起きていることをご存知でしょうか。どうして、会社側がこんな優秀な人を採用しないのだろうか。と不思議に感じませんか?実は、仕事が優秀なのに、転職活動ではイマイチ結果が出せない人も少なくありません。しかし、彼らには、ある共通点があることがわかりました。今回は、こんなタイプの人が陥りやすい罠について考えて生きましょう。

優秀な人が落とされる理由

優秀な人が面接で採用されないのにはどういう理由があるのでしょうか。会社による嫌がらせ。もしくは、人事にもともと知り合いがいて、採用したくないから優秀でもわざと不採用する、今の会社からの圧力と色々とネガティブなことを考えてしまうかもしれません。 しかし、そうではないのです。会社は、優秀な人を欲しいと考えますが、それ以前より大切な大背前提とするものがあります。それが何かわかりますか?会社は、個人事業者と違いチームで仕事を動かします。優秀な人でも、チームの和を乱すような人物であれば、不採用となる可能性があるのです。つまり、人事が優秀でも落とす人の共通点は、チームプレーが出来ないようなタイプの人なのです。その他にも、会社の方針に従うことが難しく、自分を押し通そうとする人もそのような人に当てはまります。このような場合、いくら優秀でも採用されることは難しいのです。

上から目線に気をつけよう

自分は、今の職場では我が強いというわけでもないのに、何故不採用になったのだろうか。そういうタイプの人もいるかもしれません。このような人は、面接での受け答えを思い返して見てください。もしかしたら、聞き手が上から目線な人だな。と捉えられているかもしれません。もし、そのような意味がないとしても、上から目線のような態度になってしまっていたら、いくら良い人材でも落とされかねません。そのため、自分がなんでも出来ると得意げになった結果、上から目線で話しをしていないか注意する必要があるのです。

まとめ

今の職場で、優秀な人材と言われているからといって、転職活動がうまくいくということではありません。会社の一歩外に出てみると、実はあなたの評価は低いということもあり得ます。そのため、自分の能力を客観的に評価しながらも、上から目線になっていないか気をつけておく注意力も必要なのです。転職活動では、ちょっとした油断も命取りになりかねないので日頃から気をつける癖をつけておきましょう。