面接に突破することが出来ない人は、どうするべき?

転職活動をしている人の中には、書類選考は通過するのに、どういうわけかその後の面接で必ず落とされてしまうと悩んでいる人もいるかもしれません。何故、突破することが出来ないのか。どうして、面接で落とされてしまうのか。壁にぶつかり、思い悩んでいる人もいるのではないでしょうか。いろいろな理由が考えられますが、その多くが、ある共通するNG行動をしている可能性があるのです。NGな行動とは、一体どのようなものなのでしょうか。今回は、面接でやってはいけない行動に注目をし、1次面接でやってしまいがちなNG行動から考える対策方法を紹介していきましょう。

やってはいけないNG行動

1次面接で、落とされてしまう人には、NG行動と思われるものがあります。一体どのようなものでしょうか。

面接で、自分のことしか話さない

面接で、自分をアピールすることはとても大切です。しかし、それが度を過ぎてしまうと良くありません。自分のことを話すことも大切ではありますが、転職後、自分がどのようにこの会社に貢献していきたいのか。客観的に自分がどのような役割をしていくことができるのか。といった、自分の第三者からみた目線で話すことも大切です。これを怠ってしまうと、自分中心の面接になってしまうのです。

書類とのギャップが激しい

書類選考は、その人物がこういう人なのだろうかと想像をして、選考をしてもらうものです。書類選考でのイメージが良いと、実際あった時に、書類での人物と違うとなってしまうと、マイナスになってしまいます。この場合、書類上でどんなに魅力的なことをアピールしたとしても、面接してみて違うと感じられてしまったら、採用されることは難しいと言えるでしょう。そのため、ギャップを埋めるための対策を考えることも必要です。書類上の自分は、話を盛りすぎていないのか?を確認する必要もあるのです。

即戦力にならない印象を与える

転職は、新卒の就職活動と最大の異なる点は、即戦力になり得る人物かそうでないかを見極めてもらうことも視野に入れられて考えられています。そのため、この会社で採用しても、すぐに戦力になるように感じない。と考えられてしまっては、採用されるのも非常に困難です。そのため、転職後、自分はどのような役割で仕事を助けることができるのか。といったことをアピールする必要があるのです。即戦力になる印象を与えることも大切なのです。

まとめ

転職活動の1次面接を突破すれば、最終までうまくいくという人もいます。しかし、うまくいかない人であると、1次面接で落とされ続けるということになりかねません。この事態から脱却するためには、自分の能力や仕事の志望動機をもう一度見直して、何を求めているのか、会社側の要求とマッチしているのかを見極める必要があります。この作業をしっかりやることで、採用への道がグッと引き寄せられますよ。