転職における面接では「なぜ?」が重要!担当者の心を掴む面接術とは

新卒の場合、面接では明るさや人となりといった第一印象が重要ですが、転職ではこれまでの経歴や志望理由、質問への応対を説得力のある内容で伝えなければいけないため、綿密な準備が必要です。 今回は実際に担当者から良く聞かれる質問を挙げながら、担当者の心を掴む面接術をご紹介します。

転職の面接でよく聞かれる質問とは

質問項目は業界や担当者によって様々であり、その場の雰囲気で思いがけない質問が来ることも多々ありますが、面接で聞かれる質問とその回答方法は大きく分けて3つのパターンに分けられます。 説得力のあるストーリーで答えるべき質問 面接で必ず聞かれる「自己紹介をしてください」「これまでの職務経歴を教えてください」「どうして当社を志望したのですか?」「退職理由を教えてください」「入社したらどんな仕事をしたいですか?」といった最も重要な質問に対しては担当者が最も知りたがっている「なぜ当社を希望したのか?」ということが伝わるように意識して答えるようにしましょう。 特に退職理由と志望理由を上手く結び付けながらストーリーで語れない人は「どうして当社を志望したのかわからない」という理由で不採用になってしまう可能性が高いです。 共感性のある内容で答えるべき質問

次に多く聞かれるのが「この業界は10年後どうなっていると思いますか?」「この仕事に必要な能力は何だと思いますか?」「当社の強み・弱みはどこにあると思いますか?」といった企業・業界についての質問です。 こういった質問に対しては高い理解度と共感性のある回答が求められます。 的確で共感が得られる回答をするために事前に企業・業界研究を進めておきましょう。 素直に答えるべき質問 上記以外の質問に対しては素直に答えるのがベターです。 「あなたにとって仕事とは?」「仕事するうえで大切にしていることは?」「最近関心を持ったニュースを教えてください」といった質問には明確な答えなんてありません。 そういった質問に対して、いかにも準備してきた感のある内容や優等生ぶった言葉づかいで答えるのはかえって逆効果でしょう。 素直に思ったことを自分の言葉で伝えるほうが高く評価されるはずです。

コツは丸暗記しないこと

いかがでしたか?緊張せずにリラックスして面接に臨むためには事前の準備が重要ですが、回答を全て丸暗記するのはオススメしません。 だいたいの内容を頭にいれた状態で面接に臨み、自分のことばで伝えることを心がけましょう。