転職で年収アップを目指そう!カギとなるのは企業研究と交渉力?

転職する大きなメリットとして年収をアップできる点が挙げられますが、全ての人が成功できるわけではありません。 転職での時給アップ交渉はかなりのテクニックと準備を要します。 今回はそんな年収アップの効果的な方法についてご紹介します。

転職における効果的な年収アップ法とは?

結論から言って、転職における年収交渉はその人の年齢や実績といった状況に応じて様々なため、正攻法というものはありません。 それぞれの状況に応じて交渉のタイミングや方法を考えていく必要があるでしょう。 ここでは、状況に合わせて戦略的に交渉するための具体的方法についてご紹介します。

転職エージェントの力を借りよう

転職エージェントの力なしでは年収アップは難しいと思います。 自分の客観的な評価やキャリア計画・交渉法についての具体的なアドバイス、年収アップが実現できる企業の紹介だけでなく、実際に企業と年収アップの交渉までやってくれるため、幅広く力になってくれるでしょう。 自己分析と企業研究を進めよう 仮にものすごく実勢やスキルを持っていても、その企業にとって得がなければ年収アップはおろか、転職すらも成功しません。 年収アップを交渉する際には「自分を採用することでどんな利点があるのか」を具体的に示すことです。自分の強みと会社のニーズが合っているということを上手く説明する必要があります。 そのためには転職エージェントを上手く使いながら自己分析と企業研究を深く進めておく必要があるでしょう。 「比較」を上手く使ってアピールしよう

効果的な交渉術として「比較しながらアピール」することが挙げられます。 例えば、あなたがペンを売る人だとしましょう。 単に良いところや機能を説明するよりも、他のペンに比べて優れている点や以前のペンよりも進化した点をプレゼンする方が高くで売れると思いませんか? 派遣における交渉も「以前年収〇〇円だったころよりも、△△のスキルを身につけました」とこれまでの自分やライバルたちと比較しながら、優れている点や成長した点を伝えることが年収アップの近道です。 交渉においては、能力や貢献度はもちろん、そういった根拠も必要となってくるでしょう。 将来性を示して年収の上乗せ交渉をしよう 交渉は現時点での人材的価値だけでなく、今後の将来性も加味されることが往々にしてあります。 その際には今後のキャリア計画や現時点で取り組んでいることを具体的に伝えましょう。