ダメな転職エージェントの見分け方

転職活動は、1人で行うと大変です。希望する業種の企業を探し、そこから応募する企業を絞り出しエントリーをします。そして、履歴書を書きつつ面接対策をします。これらの作業を、仕事を行う一方で行っていかなければならないからです。そんな中で強い味方となるのが、転職エージェント。転職活動を行う人の中には、転職エージェントと二人三脚で行っている人もいます。転職エージェントは、あなたの転職活動を徹底的にサポートしてくれる存在です。しかし、この転職エージェントの中にも、ダメな人がいるのです。あなたがもしダメなエージェントと出会うことになってしまったら、思うように転職活動が進まない可能性があるのです。それでは、どのような人がダメな人にあたるのでしょうか。今回はダメな転職エージェントの見分け方も含めて考えていきましょう。

ダメな転職エージェントの特徴

それでは、どのような人がダメなエージェントにあたるのでしょうか。特徴はいくつかあります。1つ目は、転職エージェントの一本化。2つ目は、求人情報で非公開のものがない。3つ目は、会社の情報が曖昧。4つ目は、実績が大企業ばかりの4つです。具体的に見ていきましょう。

1つ目は、転職エージェント側から、自分だけに転職活動を任せてほしいと伝えてくるケースです。転職エージェントは、あくまでサポートする存在です。あなた自身が転職エージェントを吟味する必要があるのです。何人かの転職エージェントに相談を持ちかけていた場合、自分1人だけにしてほしいと言われることもあるのです。一本化することで良いメリットもありますが、決めるのはあなた自身です。

2つ目は、求人情報の中には、エージェントたちが隠し持つ、とっておきの求人情報があります。それをこちらに提案することがなく、インターネットで調べても出てくるような求人情報しかないという場合です。

そして、3つ目、4つ目は、転職エージェントの情報の怪しさです。大企業の実績があるのに、中小企業の実績を語ってくれない。企業の情報がネットで検索すれば出てくるようなものしか提供されないなど、転職エージェントがどこか怪しいというところです。では、良い転職エージェントはどのように見つければ良いのでしょうか。 本当に良い転職先を見つけてくれる転職エージェントは、親身になって物事を考えてくれます。情熱の有無を確認することも大切です。

まとめ

転職エージェントにも良い人、悪い人がいます。転職は簡単に行うことが出来るものではありません。慎重かつ大胆に行う必要があるのです。そのアクションをサポート徹底的にサポートしてくれる熱のある人を見つけることで、あなたの転職活動がとても楽になります。ダメな転職エージェントに引き合わされないよう、気をつけましょう。